ちらうらblog

愛知在住アラサーフリーライター吹原紗矢佳のチラシの裏blog

クソ久しぶりに美容室に行ってきました。

先週、くっそ久しぶりに美容室に行ってきました。

 

前回、美容室に行ったのは、確か7月か8月くらい。

約9ヵ月ほど放置していたことになります。

 

9ヵ月もたてば、片側ツーブロックのショートカットが、気づけばセミロングに。

カラーは“プリン”状態を通り越して、今流行りのオシャンティなグラデーション状態。

 

伸ばそうかと思っていましたが(というか結果的に伸びただけ)、なんかもうめんどくさくなったので、結局バッサリとカットしてもらいました。

 田舎のネズミですから

ハタチのとき名古屋に引っ越してきたので、今年で約12年になります。

 

引っ越してきた当初は全く土地勘がなかったので、どのスーパーが安いとか、どこがおいしい・何がおいしいとか、本当に何も知りませんでした。

病院も歯医者も、とりあえず行ってみないとわからない。

 

見た目に寄らず小心者の私は、とりあえず口コミを検索してそれらを探します。

ちょっとでもマイナスのことが書いてあれば、ビビって行けません。

 

私は田舎にしか住んだことがなかったので、名古屋すら怖かったのです。

東京なんか、マジでおしっこちびるレベル(その話はまた今度)。

 

名古屋で初めての美容室

美容室に行くのも怖くて、髪の毛も伸びたまま。

背中の真ん中辺りまで伸びていました。

 

さすがに暑苦しくなってきたので、意を決して美容室へ行くことを決意。

かなりの店舗数を持つ、某チェーン店を予約しました。

なぜそこにしたのか、理由は覚えていませんが。

 

くりんくりんの天使ヘアーをオーダー

○ットペッパーの美容室のページを見て、「これだ!」と思うものを切り抜き、予約した美容室へと向かいました。

f:id:legacyn9551:20170312164825j:plain

うん、まさにこんな感じのイメージ。

くりんくりんの、天使ヘアーといった感じでしょうか。

 

某チェーン店に入り、切り抜きを担当美容師に渡します。

 

※ちなみにその店は、ジュニア・シニア・トップスタイリストみたいな美容師の格付けがあり、私はとりあえず「トップスタイリスト」の人を指名しました(以下トップと呼びます)。

 

私がハタチの頃は、今よりも酷いコミュ障でした。

 

私「こっ、こんな感じに……してもらえると、いいなぁと思います」

トップ「イイ感じじゃないですかぁ~~!こんな感じにしましょ~!」

 

担当は“トップスタイリスト”ですから

伸びに伸びまくっていたので、少しカットしてからカラー。

この間に、トップ→シャンプー要員→カラー要員と、スタッフはころころと変わっています。

この時点で、緊張しすぎにより私の顔色は相当悪くなっていたと思います。

 

そしてパーマへ。

ジュニアとトップの二人がかりで、カーラーに私の髪を巻き付けていきます。

この写真よりもさらに細かいカーラーです。

f:id:legacyn9551:20170312170334j:plain

この写真の女性は笑っていますが、私は青ざめて、足は生まれたての子鹿のごとく震えていました。

 

その時の私の心の内↓

え、ちょっと待って、ホンマに大丈夫?

くりんくりんやのに、そんな細いカーラーでええのんか?

これ、ホンマに大丈夫か?

いやでも“トップスタイリスト”やしな。

素人のウチにはそんなことわからんもんな。

てか今さらそんなこと言えへんしな……。

 

 仕上がりは……

カーラーに髪を巻き終わり、待つこと数十分。

トップ「イイ感じになりましたね~。じゃあシャンプーして流しましょう」

 

いや、ちょっと待って。

これホンマに大丈夫?

まぁ、乾かしたら“くりんくりんの天使パーマ”になるんやんな?

そうやんな?そうやろ?

 

 

 はい、結果はこちら↑「彼女はキレイだった」のパク・ソジュンのような髪型になりました。

葉加瀬太郎とでも言いましょうか。

(別に葉加瀬太郎をdisっているのではなく、私にはあまりにも似合ってなかっただけです)

私は完全にパニクって、言葉を失います。

 

トップ「超イイ感じに仕上がりましたよ~!」

私「は、はは」←力なく笑っています。

 

頭の中では、

これ完全に葉加瀬太郎やん!!!この台詞を何千回と繰り返していました。 

 

私がおかしいのかもしれない

そんな私に対して、まわりにいる大勢のスタッフが口々に

「とてもよくお似合いですよ~」

イイ感じになりましたね~」

とか言ってくるんです。

 

そうなると、私も、自分の感覚がおかしいのかもしれない、とか思い出します。

「なんかおかしい」と思いつつも、美容のプロが「イイ感じ」って言うんだから、私も「イイ感じ」になったんだと思うようになってきました。

 

帰りの地下鉄の窓にうつった自分を見て、「うん、天使にはならんかったけど、イイ感じになったやん♪」と思っていました。

 

 他人から見た評価

そして帰宅後、当時付き合っていた彼に見せます。

「どう?これ。似合っとる?」って。

そのときの彼の反応↓

 

いやそれ葉加瀬太郎やん!!!wwwwwwwwwwwwww」

 

www←芝刈り機がいるんじゃないか、というくらいに笑われました。

 

やっぱり、葉加瀬太郎やったんやんか……。

 

葉加瀬太郎をdisっているのではなく、本当に似合っていなかったのです。
(大事なことなので二回言います)

 

あのときの美容師の方々が、本気で「イイ感じ」だと言っていたのかどうか。

今となってはわかりません。

「自分」

その後、私はその足で違う美容室へ行き、ストレートパーマをかけました。

同じ店でお直ししてもらう勇気がなかったからです。

 

その後、腕の良い美容師さんに出会うまでの間、私はしばらく美容室難民となりました。

 

あのとき、「おかしいな」と思ったときになぜすぐに言えなかったのか。

 

今でもそうですが、私は言いたいことの100%全てを言えない人間です。

それ違うんじゃない?と思っても、心の中でぐだぐだ言っています。

「これが自分!」という強い芯のようなものを持っていなくて、ただふわふわと漂うだけ。

それじゃあな~、自分を持たなあかんなぁ~と思い、もう6年ぐらい立ちます。

芯のある人間になるには、簡単そうでいて難しい。

ただ、ありがたいことに、今の私の周りには「芯のある人間」が多い。

こういった人達を見習いながら、芯のある人間になりたいなぁと思います。